上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
< "Will You Still Love Me Tomorrow" Dave Mason >
学生時代は吉祥寺に住んでいた。正確には吉祥寺と三鷹の中間の少し三鷹寄りだったのだが、井の頭公園づたいに吉祥寺には歩いて行ける距離だった。そして実際よく吉祥寺に歩いた。吉祥寺に行くのは輸入盤屋と「赤毛とそばかす」というロック喫茶(今は死語!)に行くのが目的だった。
ある時、いつもように赤毛とそばかす」にいると、Dave Mason のWill You Still Love Me Tomorrow が流れた。そして私はこの曲の虜になった。原曲はキャロル・キングが60年代前半にリリースし、彼女自身のヒットに加え、多くのミュージシャンがカバーしていることでも有名な曲だ。メロディーラインが耳に心地いいラブソングなので、たくさんのミュージシャンがカバーしていることでも有名な曲だ。しかし、多くのカバーの中で、デーブ・メイソンのカバーが群を抜いていい。アレンジがすごくいいのだ。全曲を通してロマンティックこの上ない。レコードではアカペラの前曲に続き、12弦ギターのイントロが始まるが、このアルペジオがとても切ない。そして中間部のphaseの効いたギターソロはシンプルだが、心にしみるデーブ・メイソン節をお約束のように聞かせてくれて、もう涙!
当時の私は叶わぬ恋に身を焦がしていたが、切ない思いがこの曲を聞くとなお一層燃え上がった。人知れず甘く切ない恋をしている人には、ぜひ聞いていただきたい。


スポンサーサイト

テーマ : 心に沁みる曲 - ジャンル : 音楽

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。